【待望放送決定】「ブラックパンサー」地上波初 ‐3月20日金曜ロードSHOW- 予告ムービーあり
スポンサーリンク

「ブラックパンサー」地上波初登場

映画「ブラックパンサー」は、2018年3月1日に公開されたアメリカのスーパーヒーローー映画です。

製作は、マ―ベルスタジオ。
配給は、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

その『ブラックパンサー』が、3月20日夜9時より、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送されることになりました。
監督は黒人の監督で「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラー。
黒人を主人公にした映画として、またキャストや製作スタッフも黒人が多く注目されました。

アメコミの映画として、初のアカデミー賞作品賞にもノミネートされる等、注目されるだけでなく高く評価された作品となりました。

ブラックパンサーのあらすじ

 

国王である父の死を受け、若きティ・チャラはアフリカの秘境に存在する超文明国ワカンダに帰郷し王位を継ぐことに。しかし強敵の出現で、ワカンダと全世界を脅かす恐るべき戦いに巻き込まれたティ・チャラは、国王のみならずブラックパンサーとしての資質をも問われることになる。謀反と危機に直面する若き王が、自国の民を守り抜くために敵を倒すには、ブラックパンサーの持てる力のすべてを発揮しなければならない。

ブラックパンサーのキャストとスタッフです。

    キャススト
    ウンジョブ : 遠藤 大智
    エヴェレット・ロス : 森川 智之
    エムバク : 木村 昴
    エリック・キルモンガー : 津田 健次郎
    オコエ : 斎賀 みつき
    ズリ : 玄田 哲章
    ティ・チャカ : 佐々木 敏
    ティ・チャラ/ブラックパンサー : 田村 真
    ユリシーズ・クロウ : 広田 みのる
    *『42 ~世界を変えた男~』のチャドウィック・ボーズマンがブラックパンサーを演じました。
     

    スタッフ
    制作監修 : 川﨑 裕子
    演出 : 鍛治谷 功
    翻訳 : 亀井 玲子

    翻訳監修 : JAMES HUBBERT

     

    スポンサーリンク

    「ブラックパンサー」予告ムービー

    「ブラックパンサー」の評価

    「ブラックパンサー」は、黒人監督の下、キャストや製作スタッフの多くが黒人ということで注目を集めたばかりではなく、アカデミー賞の部門賞を受賞アカデミー。
    アカデミー賞史上もっとも多くのオスカー像を手にしたヒーロー映画として高く評価されることになりました

    「ブラックパンサー」視聴前のポイント

    「ブラックパンサー」の本編は134分
    地上波でどれだけ編集されてカットされるかわからないけど、通常の放送時間から考えれば、およそ30分ほどのカットがされると思うけど、どのように編集してくるかが見ものです。

    まさかのノーカット放送無いのかな?
    発表の時に、そういう説明ないからカットされての放送になりそうですけど。
    「ブラックパンサー」の地上波初の放送決定を受けて、楽しみにしているとツイートするファンがたくさんです。

    初めて今回見る人も、映画館で見た方も、今から3月20日を心待ちにしているようです。

    「ブラックパンサー」Blue-ray

    「ブラックパンサー」をフルで見たい方、または今回の放送を見れない方、見れなかった方は、ぜひBLUE-RAYでお楽しみください。
    今回のテレビ放送でカットは確実だと思われるけど、エンドロールもとても格好いいですよ。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事