【藤井聡太二冠の封じ手】ヤフオクで天井知らずの3000万円超え -知っておきたい話題-[9月15日]
スポンサーリンク

【藤井聡太二冠の封じ手】ヤフオクで天井知らずの3000万円超え

藤井聡太二冠王位戦の「封じ手」競売開始

価格は、まさに天井知らずとなっています。

将棋の藤井聡太二冠が、史上最年少の2冠となった王位戦の「封じ手」がヤフーオークションに出品され、入札がいよいよ始まりました。

収益金を九州豪雨の被災地に義援金として、寄付する目的で出品されたものですが、その入札金額が大変なことになっています。

出品されたのは、藤井二冠がプロとして初めて書いた第2局の「封じ手」や、タイトル獲得を決めた第4局で話題となった一手の「封じ手」など3通です。

 

オークションは9月14日正午に1000円からスタートしましたが、王位を勝ち取った第4局の「封じ手」が一番の人気となっています。

なんとわずか30分の間に開始価格の400倍の200万円になりました。

 

ところがこれもまだまだ序の口でした。
価格は今もどんどん上がり続けまさに天井知らずの、とんでもない金額になっています。

入札価格がとんでもない価格に

昨日、ヤフーオークションに出品された将棋の王位戦の「封じ手」の入札価格が、とんでもない金額になっています。

出品された3通のうち、今一番人気となっているのが、藤井聡太二冠の対局相手の木村元王位が封じた第3局のものですが、9月15日午前5時時点の入札価格は、なんと3000万円を超えています。

その他の2通も、藤井聡太二冠の初めての「封じ手」となった2局目の、およそ2500万円。
勝負の決まった第4局の「封じ手」は、およそ1000万円となっています。
入札の締め切りは20日午後9時までで、果たして5日間でどこまで値が上がるのか注目されます。
スポンサーリンク

コメンテーター 俳優 中尾彬氏

この入札価格はどう御覧になっていますか?

 

いやこれ、将棋ファンじゃなくても、欲しいよな。
俺も。

ただこれを考えた木村元王位は、これを3通作って(オークションを)やったっていうことは凄いこと。
チャリティーでしょ。

たいしたもんだね。
俺、欲しいよ。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

 

情報元

テレビ朝日「グッド!モーニング」-2020年9月15日放送-

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事