【20~50代が選ぶ】好きなウィル・スミス映画作品TOP10
スポンサーリンク

20代から50代が選ぶ-好きなウィル・スミス映画作品TOP10-

ハリウッド俳優ウィル・スミス。

27歳の時に、型破りな刑事役で出演した「バッドボーイズ」で一気に大ブレイク。
33歳で主演した「メン・イン・ブラック2」から、主演8作品連続1億ドル突破という偉業を達成。

2008年にはハリウッドで最も稼いでいる男優1位(約86億円)に輝きました。
来日した時には出演した番組でお茶目でサービス精神旺盛なウィル・スミスですが、映画では、壮絶アクションから感動のヒューマンドラマまで、見事な演技で数多くの人気作を生み出してきました。

そこで今回は20代~50代の方々に聞いた、好きなウィル・スミス作品ランキングを発表します。

TBS【王様のブランチ】
-20代から50代が選ぶ- 好きなウィル・スミス作品TOP10

第10位

最後の恋のはじめ方

第9位

素晴らしきかな、人生

 

第8位

ハンコック

 

第7位

アイ,ロボット

 

第6位

インデペンデンス・デイ

 

第5位

当時27歳のウィル・スミスをハリウッドスターに押し上げた初のアクション映画
「バッドボーイズ」シリーズ(1995年~公開)
ウィル・スミスとマーティン・ローレンスの凸凹コンビが繰り広げる笑いあり涙ありのアクションムービーは今も続く人気シリーズ

-選んだ方の感想・コメント-
「2人の掛け合いが絶妙」
「刑事バディ映画といったらこの2人」

第4位

父と子の絆を描く心温まるヒューマンドラマ
幸せのちから(2007年公開)
幸せになることを諦めなかった親子の実話から生まれた感動作

今作で、ウィル・スミスは、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。

第3位

地球最後の男
アイ・アム・レジェンド(2007年公開)

ウィルス感染で地球から60億人が死滅して唯一残ったロバート
終わりが見えない孤独の中を他の生存者を信じていた
そして日没とともに新たな恐怖が・・光を嫌う謎の生物がロバートを襲う
唯一生き残っているロバートはやがてある驚愕の事実に気付く・・・

第2位

名作アニメーションを実写化
アラジン(2019年公開)
貧しい青年アラジンと王女ジャスミンの身分違いの恋を描いた冒険ファンタジー

ウィル・スミスが演じたのは、ランプの魔人"ジーニー"
6月11日からディズニー公式動画配信サービス「DIsney+」(ディズニープラス)で配信予定

-選んだ方の感想・コメント-
「ディズニー作品で一番好き」
「もはやランプの魔人はウィル・スミスしか考えられない」

第1位

SFアクションコメディ
「メン・イン・ブラック」シリーズ(1997年~公開)
「E.T.」「ジュラシックパーク」などのスティーブン・スピルバーグが製作総指揮

「メン・イン・ブラック2」では、なんとマイケル・ジャクソンも登場。
思わず見逃してしまうようなシーンすからぜひ探してみる楽しみもあります。

「メン・イン・ブラック」の人気の凄さは。公開当時サングラスもめちゃくちゃ売れたんですよ。

まとめ -WOWOWで見れます-

「メン・イン・ブラック」シリーズは予想通りでしたね。

皆さんの好きなウィル・スミス作品は何位にランキングされていたでしょうか?

そんな今回のTOP10のうち、WOWOWで2020年6月に放送されるものは以下の作品です。

「アイ,ロボット」
「メン・イン・ブラック」
「メン・イン・ブラック2」
「メン・イン・ブラック3」

 

上記作品が、6月にWOWOWで放送されます。

 



情報元

TBS「王様のブランチ」-2020年6月6日放送-
おすすめの記事