【映画評論家LiLiCoさんおすすめ】おうちで楽しめるパニック映画4選
スポンサーリンク

【おうちで楽しめる】おすすめパニック映画 4作品 

「王様のブランチ」映画コーナーではLiLiCoさんが、毎週おすすめの映画を紹介してくれます。今回は、選りすぐりのおすすめパニック映画を紹介してくれました。

「グエムル 漢江の怪物」(2006年公開)

世界が震撼した怪物パニック!

ソウルの中心を流れる川・漢江の河川敷で小さな売店を営むパクは、父と娘との3人暮らし。
そんなある日・・・。

巨大な怪物が出現。
そして娘が・・・。

悲しみに暮れる家族だったが、死んだはずの娘からパクに電話が入る。
死亡者名簿にも載っているため、生きていると訴えても誰も信じてくれなかったが、家族たちはあきらめなかった。

果たして、パク一家は娘を救うことができるのか?
「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督が、家族のきずなを描いたパニック・エンターテイメント。

 

 

「パニック・ルーム」(2002年公開)

ワンシチュエーションの密室心理戦!

離婚したばかりのメグは、妻と二人で安心して過ごせる家を探し、マンハッタンの高級住宅街に4階建ての豪華な家を見つけた。

さらにこの家には避難室があり、監視カメラが家中をモニターしている完ぺきな防犯システムが気に入り、入居を決めたメグ。
しかし、新居で初めての夜、なかなか寝付けずにいた。

違和感を感じ、監視カメラのモニターを見てみると、謎の男たちが家に侵入。
娘を連れ、避難個室"パニック・ルーム"へ逃れるが、安全な場所のはずなのに、完ぺきに作られたその部屋には、逃げ場がなかった。

執拗に追い詰めてくる侵入者。
その目的は?

逃げ場のない恐怖が襲う密室サスペンス・スリラー。

 

「テロ,ライブ」(2014年公開)

生々しい衝撃をリアルタイムで体感!

テレビ番組から外され、ラジオ番組を担当しているアナウンサーのユン・ヨンファ。
ある日、生放送中にリスナーから「橋を爆破する」という1本の電話が入る。

そして予告通り、爆破事件が発生。
すると、犯人との通話をテレビでも独占生中継する。

これを機に、テレビへの復帰を期待するヨンファ。
ところが・・・。

テレビ放送で伝えるヨンファのイヤホンに小型爆弾が仕掛けられ、生放送が犯人によって支配される。
そして、事件はエスカレート。

衝撃の生放送の行方は・・・!?

 

「ミスト」(2008年公開)

スティーブン・キング原作 パニックミステリー!

大勢の買い物客で賑わう街を、突然覆い始めた濃い霧。
しかしこれは、ただの霧ではなかった。

スーパーマーケットに閉じ込められた人々。
霧の中の状況を知るべく、ロープをまき外に出てみるが・・・。

逃げ場のない恐怖。
あらわとなる人間の本性。
はたして、この恐怖から逃れることはできるのか?

 

 

まとめ 

LiLiCoさんまとめ

おうちで楽しめる映画なので、大きな声を出してくれていいです。

「ミスト」
映画のエンディングは、原作とは異なります。

「グエムル」
公開された当時は大騒ぎになった映画です。
モンスターが出てくる映画は、ちょっと間違えると笑ってしまうB級映画になってしまうけど、これは全くそういうことはなく、家族のことをすごく上手に描かれている素晴らしい作品です。

 

豊富な映画の放送ラインナップならWOWOW



情報元

TBS「王様のブランチ」-2020年7月18日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事