ホテル予約の裏ワザお教えいたします
スポンサーリンク

ホテル予約の裏ワザお教えいたします

知らないと損をする旅のマル秘テクニックをご紹介します。
旅行計画するときに、ホテル予約はつきものですよね。
繁忙期のホテル予約に困ったりしたことがありませんか?
そんな時に役立つホテル予約の裏ワザをお教えします。
知っておくと、きっと役に立つことがあるかもしれませんよ。

裏ワザ1 繁忙期の直前でも超人気ホテルを直前予約できる

繁忙期(年末年始、春休み、夏休み、お盆休み)のホテルを予約する際に、混雑しているのは当たり前です。
予約をする際に混雑していて、確保できないこともしばしばですが、下記のようなポイントさえつかんでおけば、意外に確保できる場合もあります。

  • 宿泊日の21日前が狙い目

→パッケージツアーの取消料がかかる直前で、取消料がかからないように取消をしてくる動きがあるためです

  • 宿泊日の4日前が狙い目

→宿泊予約のみの場合の取消料がかかる直前で、取消料がかからないように取消をしてくる動きがあるためです。ホテルによって、取消料対象時期が異なるため必ずしも4日前ではない場合もあります。

どんな人気ホテルでも、直前電話で取れることがありますので、上記のタイミングを覚えておくといいでしょう。

裏ワザ2 海外でも日本のホテルでも使える部屋の空き情報の満室を空室に変える

ホテルWEBサイトの予約フォームを 使って予約をされる場合、

例えば、12/31の1泊で検索して満室でも、12/31~1/1の2泊や~1/2の3泊で検索してみると、空室が出てくるケースがあります。
これを連泊予約法といい、特に海外のホテルでこのワザを使えることが多いです。
なぜそういうことが可能かというと、ホテルの予約システムは、収益を最大化するようにプロミングされているからです。

裏ワザ3 ホテル宿泊代金を安く予約する方法

Aホテルの宿泊予約で2名1室の代金が
日本からの予約だと→1泊1名10,000円×2名=20,000円になるところ
海外からの予約だと→1室18,000円のようなケースがあります。

日本のホテルでも、日本の宿泊ナビサイトよりも、海外版宿泊ナビサイトの方が安い場合があります。
その背景としては、海外からの宿泊客は1泊だけでは帰らないから、あらかじめの連泊割引みたいなものが組み込まれていると考えられます。

裏ワザ4 ホテル部屋のアップグレードを期待できるとき

満室で部屋がオーバーブッキングをした場合に、そういうアップグレードされるケースがあると思われがちですが、むしろ期待できるのは空いている日となります。

部屋が比較的空いている曜日に、料金の安い部屋の予約をいた場合、当日チェックインの際に部屋がアップグレードされるチャンスに恵まれるかもしれません。
なぜかというと、ホテル側としては宿泊客の満足度を高めて、最近流行りの口コミ評価につなげたり、SNSでの評価をあげたいという思惑があり、広告的な手段として用いられているのかもしれません。

私も、このアップグレードは何度も経験しています。
今年も、東京の品川プリンスホテルのアネックスタワーに3連泊した際に、高層階のルームカテゴリーが1ランク上の部屋にランクアップしてもらえました。
この部屋は最近リニューアルされた部屋で、リピーターの私たちに一度その部屋を体験して欲しいという希望があったそうです。

この部屋を案内される時に、「部屋に人のイラストが描かれていて、その目が気になる」という意見もあったそうで、「それでもいいですか?」と聞かれたけど、新しい部屋に泊まれるという楽しみがあって、アップグレードしてもらいました。
その目が気になるイラストですが、全く気にならないようなもので、いろいろなお客様がいるんだなと思ってびっくりしたくらいのものでした。

以上の裏技4つはいかがでしたか?
旅行の最大の楽しみの1つ、ホテルステイをより楽しむためにも、ご希望のホテルをすんなり予約できる方法として、皆さんのお役にたてれば嬉しいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事