ハワイがコロナからいつもの姿に向かって動き始めた 
スポンサーリンク

ハワイがいつもの姿に徐々に戻りつつありますが・・・

ハワイ大好きな皆さんにはほんのちょっぴりだけど嬉しいニュースです。

とはいえ、デイビッド・イゲ州知事はハワイ時間2020年5月5日に新たに「Safer-At-Home」命令を発令していますから、完全な姿に戻るのはいつになるか見通しは立ちません。

新規感染者数のこのところの減少により、少しずつですがいつもの姿に戻るステップに入りました。

フェーズ1の取り組みの一環として新型コロナウイルスの感染のリスクが低い企業及び組織は5月7日(オアフ島は5月15日)よりソーシャルディスタンスを保つこと等を条件に営業の再開が発表されました。。

5月7日より営業の再開を許可されている企業・組織は以下です。

□非食用農作物生産農場

□天文台及び天文台サポート施設

□洗車

□ペットグルーミングサービス

□手術や緊急治療以外のサービスを提供する医療機関

□非営利団体

□アパレルや電子機器を含む小売業およびサービス

□ショッピングモール

□卸売および倉庫業務

 

ハワイ旅行はまだまだ困難

少しずつハワイの経済活動が回復していますが、旅行客にとっては難しい規制があります。

ハワイ居住者及び州外からの渡航者はハワイの空港に到着後、14日間の隔離が命じられています

5月31日まで適用されていますので、まだハワイに旅行に行くことほぼ不可能です。

新型コロナウイルスが感染拡大していなかった頃に、予約していた旅行客の方はキャンセルを余儀なくされていますが。特にハワイウエディングを予定されていたカップルの夢が消えて、がっかりしているのを見聞きして、どのようにお話をしていいか迷っています。

日程を変更して後日ハワイウェディングを予定できる方も、今は先が全く見えなくなっているので不安だけが残っています、
また規制が解除されて、ハワイに自由に渡航出来るようになったとしても、ハワイまでの移動リスクという心配もあって判断に迷っている方も少なくないです。

人生において最高の晴れ舞台になるはずのハワイウエディング。
なんとか実現出来ますように、新型コロナウイルスの全世界的終息を願っています。

スポンサーリンク

ハワイの感染者数(2020年5月17日現在)

オアフ島 ハワイ島 マウイ島 カウアイ島 海外滞在中のハワイ居住者 合計
415 77 117 21 10 640

*回復者数は573名ですから、現在治療中は67名ということでしょうね。

それでも厳しい「Safer-At-Home」命令を発令中のハワイですから、一気に収束に向かうことを期待しています。

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

これを見ると、日本はまだ感染地域として

レベル3
(渡航は止めてください(渡航中止勧告))
インド、インドネシア、南アフリカ、エクアドル、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、カタール、ルーマニア、トルコ、タイ、パキスタン、チリ、ブラジル、イスラエル、カナダ、日本、オーストラリア、マレーシア、イギリス、アイルランド、イラン、中国、ヨーロッパ、韓国
レベル2
(不要不急の渡航は止めてください。)
上記以外の国
レベル1
(十分注意してください。)
現在はありません

 

スポンサーリンク
おすすめの記事