MC佐藤栞里さんが王様ブランチ番組冒頭で涙のあいさつ-それでも笑顔を頑張っている姿に心打たれた-
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「王様のブランチ」冒頭のあいさつ

お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんの芸能活動休止にともない、番組MCを務めていたTBS「王様のブランチ」の今日13日の生放送に注目が集まっていました。

番組冒頭で山形純菜アナウンサーの説明

まず番組冒頭で山形純菜アナウンサーが渡部さんの出演見合わせについて説明がありました。

山形アナウンサーのコメント全文

今日はまず皆さまにお伝えしなければならないことがあります。

アンジャッシュの渡部建さんの不貞行為が週刊誌によって明らかになりました。
これを受けて渡部さんは活動の自粛を発表。
王様のブランチの出演を見合わせることになりましたが、今後も放送を続けてまいります。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

MCを務める佐藤栞里さんからのコメント

続いて、渡部さんとともにMCを務める佐藤栞里さんからのコメント

おはようございます。6月13日土曜日「王様のブランチ」です。

今回からこのようなメンバーでお送りすることになってしまいましたが…(涙声)


王様のブランチは楽しい情報をお届けする番組です。今週もテレビをご覧の皆さんが笑顔になれる番組にしたいと思っています
よろしくお願いいたします。


この涙で、声をつまらせながら、それでも笑顔でコメントする佐藤栞里ちゃんを盛り上げようと、
リモート出演したニッチェの江上敬子さんと近藤くみこさんが、「大丈夫!、みんなチームだから」、そして同じスタジオにいたオリエンタルラジオ・藤森慎吾さんが「頑張っていこうよ」と佐藤さんを拍手とともに励ましていました。

「栞里ちゃんにこんな顔させんじゃねーぞ!ほんとに! 何だよもう!バカヤロー!ほんとに」と画面の向こうにいるはずの渡部さんに訴えかけるようなシーンもありました。

さらに「栞里ちゃん大丈夫だから。みんなで頑張って乗り越えていきましょう!」と盛り上げました。

みんなのエールをもらった佐藤栞里ちゃんが、「それでは今週も笑顔で王様のブランチスタートです」と栞里ちゃんらしい素顔で

番組が始まりました。

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2020年6月13日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事